高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

雌の老犬に多い乳腺腫瘍の症状と悪性と良性について

愛犬の乳首の周りにイボや突起物などの
違和感に気付いたら要注意です。

犬はガンになりやすい動物と
いわれています。

 
特に老犬はガンの元となる腫瘍が
できやすくなってしまいます。

腫瘍には良性と悪性があり、
良性のうちに発見して
早期治療を施せば根治も可能です。

腫瘍が悪性になってしまうと、
他の臓器に転移してしまい、
完治させることは難しくなります。

そして乳腺腫瘍(乳がんは犬にとって
もっともかかりやすい病気です。

また避妊手術をしていないメス犬は、
乳腺腫瘍が高確率で起こります。

さらに高齢犬の場合の乳腺の腫瘍のうち、
30~40%はガンの可能性があります。

そのため乳首周辺にしこりやイボなどが
あったらすぐに獣医師さんに
相談しましょう

今回は、乳腺腫瘍の症状と悪性、
良性についてご紹介します。

【スポンサーリンク】
 


乳腺腫瘍の症状

乳腺腫瘍の症状は、
乳腺組織にイボやしこりなどの塊状の
腫瘍がみられれます。

初期の段階では、米粒の半分くらいの
大きさで、次第に大きくなっていきます。

放っておくと、野球のボール以上のサイズ
になってしまうこともあります。

乳腺腫瘍に関わらず、
腫瘍は大きくなるには時間がかかります。

でも悪性になると一気に増大しますので、
早期に発見して治療することが
最も重要となります。

特に老犬(7歳以上)で
避妊手術をしていないメス犬の場合は、
乳腺腫瘍の発生する確率が高く、
約半数はガンのリスクがあります。

少なくとも10歳までには
避妊手術をしておきましょう。

それ以上になるとガンの発生率は
極端に上がってしまいますし、
手術に耐えられなくもなります。

f:id:old_dog:20170521162645j:plain

乳腺腫瘍の良性・悪性

メス犬の腫瘍のうち
約半数は乳腺腫瘍です。

さらにその腫瘍が良性か悪性かである
可能性は約50%といわれています。

そして悪性の乳腺腫瘍のうち、
その半分は他の身体の部位に
転移してしまう危険性があります。

しかし悪性であっても、
1cm以下の腫瘍であれば
早めに手術で摘出することによって
完治させることが可能です。

肥大化するにつれて切除は難しく、
転移の可能性が高まります。

良性か悪性かを判断するのは難しいです。

乳腺腫瘍の検査は、
しこりに針を刺して行なうのですが、
これは乳腺腫瘍かどうかを判断するだけ
で、明確に良性か悪性かどうかは
わかりません。

良性か悪性かを判断するには、
腫瘍摘出後の病理組織診断の結果を
待たなければならないのです。

まとめ

高齢犬になるとイボやしこりが
増えてきます。

特に避妊手術をしていない
老犬のメス犬は乳首周辺に腫瘍が
発生しやすくなります。

普段から愛犬の身体を触って、
新しい塊ができていないか
チェックしてみてください。

違和感のある突起物があったら
良性のうちに、獣医師に相談して
適切な処置を行ってください。

腫瘍は早期発見、早期治療が
もっとも重要です。

他の臓器に移転する前に
元となる腫瘍を取り除きましょう。