高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

老犬の認知症・ボケはどんな症状?普段の生活や行動の特徴、年齢は?

あなたの愛犬は最近変な行動を
していないでしょうか。

普段の生活の中でおかしな行動を
し始めたらそれは、認知症やボケの
症状かもしれません。

 
老犬がそうなってしまうのは自然な
老化現象なので仕方がないことです。

でも一緒に生活していく上で
症状によっては介護やサポートが
必要になり、大変なこともあります。

そこで今回は、犬が認知症やボケの特徴と
症状をご紹介していきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 

 

犬が認知症やボケる年齢

あなたの愛犬は現在おいくつでしょうか。

f:id:old_dog:20170517230045j:plain

犬はある程度の年齢になると
認知症やボケる可能性が上がります。

これは脳機能が老いてしまうので
仕方がないことです。

では、いったい何歳くらいから
そうなってしまうのでしょうか。

犬種によって衰える年齢は違いますので
大体の目安をご紹介します。


小型犬の場合は13歳~
中型犬の場合は12歳~
大型犬の場合は10歳~

と一般的にいわれています。

もちろん、老犬になっても散歩や運動、
など体を動かしたり、
頭を使った遊びをしている場合は、
脳の衰えが緩和されますので
認知症やボケの確率は下がります。

人間では75歳以降にボケる可能性が
上がっていきますが、
好奇心旺盛な人や歩くスピードが速いと
ボケないように、犬も同じなのです。

f:id:old_dog:20170517230127j:plain

老犬の認知症・ボケ症状の特徴

犬の脳が衰えてくると生活面で
さまざまな影響がでてきます。

大抵は飼い主さんのフォローが必要に
なってきますので、症状を確認して
それにあった介護をしてあげましょう。

認知症やボケにはいくつかの症状が
ありますので、代表的なものを
取り上げていきます。

食欲増加
夜鳴き
トイレの失敗
方向転換不能

これらの症状の内1つでも当てはまって
いたら、認知症の可能性は高いです。


食欲増加

ご飯を食べたのに、
食べた記憶を無くしてしまい、
餌を何度も食べたがる症状です。

これは人間の認知症と同じで
ご飯を済ませたのに「まだ食べていない」
と忘れる記憶障害の問題です。

人間の場合は言葉が通じるので、
話せばわかってくれます。

犬の場合は会話ができませんから
何度も餌を要求してしまいます。

対策としては、
ご飯を何度かに分けて与えることです。


夜鳴き

これは老化から昼夜逆転の生活になり
夜に鳴いてしまう症状です。

鳴く理由は、老化や認知症によって
自分の体の衰えが不安になったり、
1人でいるのが寂しいなど
ストレスが原因の場合があります。

また体の不調や痛みなどを抱えて
いるケースでも鳴いてしまいます。

夜に鳴いてしまうのは、
老犬によくある生活リズムの乱れから
昼夜逆転になっているからです。

対策としては、
日光浴や適度な運動、
昼間に寝過ぎないようにして
体内時計を調節してあげることです。


トイレの失敗

脳の委縮・機能低下により、
お漏らしや排せつの失敗をしてしまいます

今までできてきたことができなくなるのは
認知症やボケによくある症状なのです。

対策としては、オムツやトイレの場所を
近くにしてあげることです。


方向転換不能

認知症やボケが進むと家具の隙間や
細い場所に入り込みたがります。

そして脳から適切な指示が送られない
ので、方向転換やバックができず、
隙間などにハマってしまいます。

対策としては、
犬が入れそうな隙間を作らないこと、
愛犬の活動範囲は円形のサークルで
囲ってあげると方向転換せずにすみます。

まとめ

最近は医療やドッグフードの進化により、
昔よりも2倍くらい長生きできるように
なったといわれています。

しかしそれにともない、
老化による病気や認知症なども増えて
きました。

病気や怪我はお医者さんに頼らなければ
なりませんが、
認知症やボケによる問題行動は
飼い主さんのサポートで改善できます。

愛犬がいつまでも快適に暮らせるように
認知症やボケの症状がみられ始めたら
ぜひ気遣ってあげてくださいね。