高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

老犬が太った原因と痩せすぎ理由は病気の可能性も!

あなたの愛犬は昔に比べ太っていますか?
それとも痩せているのでしょうか?

犬は歳をとってくるとさまざまな理由で
太ったり痩せたることがあります。

 
いつもと同じ量のご飯を食べて、
変わらない散歩の運動量なのに
体重に変化が現れたら要注意です!

年を取った犬が体重を増減させる理由は、
老化による新陳代謝の衰えもありますが、
怖い病気や寄生虫の可能性があるからです

そこで今回は、老犬の体が太ったり、
痩せたりする原因について
書いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 

 

老犬が太る・痩せる原因

犬も人と同じで、年を取るにつれ
体型に変化が現れてきます。

代謝の衰えでメタボ体型になったり、
逆に内蔵機能の衰えで痩せてしまったり

これらは自然な老化現象なので
それほど気にしなくても大丈夫です。

しかし、問題は病気や寄生虫による
体重の増減です。

f:id:old_dog:20170516222123j:plain

老犬の太ってしまう原因は、
基礎代謝の衰えが主ですが、
病気の場合は、副腎皮質機能亢進症
甲状腺機能低下症などがあります。

また内分泌異常があると肥満になりやすく
皮膚に異常が見られるのが特徴です。

これらの病気が原因で太る場合は、
それなりに病気が進行してしまっている
可能性があります。

愛犬が不自然な太り方をしていたら
できるだけ早く病院へ連れていきましょう

f:id:old_dog:20170516222136j:plain

痩せてしまう原因は老犬の場合、
消化機能の衰えがあります。

また、環境の変化によるストレスで
一時的にやせることもあります。

病気の場合ですと、
糖尿病肝臓腎臓の異常があります。

このような病気の場合は、
目に見えて痩せていってしまうので
わかりやすいのが特徴です。

寄生虫が原因の場合は、
食べた物の栄養が虫に横取りされるので
いくら食べても痩せてしまいます。

お腹に寄生虫がいると下痢やおう吐を
しやすくなります。

排泄物に虫が混じっていないか
チェックしてみてください。

まとめ

老犬になると身体の機能の衰えから
太ったり、痩せたりしてしまいます。

しかし病気の可能性も高いです。

愛犬の体型に異常を感じたら
獣医師さんに相談してみましょう。

老犬にとって肥満は心臓病の原因や
関節や骨に異常をきたらします。

痩せてしまう場合も、
栄養不足で体に必要なエネルギーが
ない状態ですので、
寿命が短くなってしまいます。

老犬にとって体重の増減は
シビアな問題です。

愛犬がベスト体重を保てるように
飼い主さんがサポートしてあげましょう。