高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

老犬の夜泣きを止めさせる方法!原因を改善して対処しよう

愛犬が夜鳴いていて眠れない・・・。

毎日鳴くのでストレスが溜まってしまう。

近所迷惑だし、何とか辞めさせたい。

 


でも老犬だからなかなか言うことを効かないし、やめさせる方法がわからない。

こんな悩みはないでしょうか。

一度鳴き声が気になると意識してしまい、辛いですよね..

 

f:id:old_dog:20170508225308p:plain


では老犬が夜泣きする原因はなんでしょう。

意味もなく夜に泣く事はそうそうありません。

何かしらの事情があって泣いているのです。

そこで今回は、老犬の夜鳴き理由と対策方法を書いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 

 

老犬が夜泣きをする原因・理由

 

老犬が夜鳴きする理由はいくつかあります。

原因をしっかりと把握して改善につなげましょう。


認知障害

老犬の夜泣きでもっとも多い理由は、年齢によるボケや認知障害によるものです。

犬も年を取ってくると脳の機能が低下し、昼夜逆転の生活になったり、意味もなく吠えてしまうことがあります。

これは老化の自然現象なので、仕方がないことです。

生活リズムを整えたり、体内時計を正しくさせて、改善してあげましょう。


身体の異常、痛み

夜寝ていると、身体に痛みを感じて鳴いてしまう場合があります。

これは老犬によくある床ずれや、寝床が硬くて痛くなったり、体調不良によって鳴いてしまいます。

 

老犬の床ずれ防止方法と治療の対処・治し方について!


特に寝たきりのわんちゃんは足腰に問題を抱えている場合が多いです。

寝床を柔らかくするなど調節してあげましょう。


寂しい

犬は歳をとると、自分の老いを感じて不安になることがあります。

このとき犬は、甘える対象を求めて泣き続けてしまうのです。

これは一時的なものである場合もあります。

寂しさを紛らわすためにも、近くで寄り添ったり、なでなでや抱っこで落ち着かせてあげましょう。

 

老犬の夜泣きをやめさせる方法

f:id:old_dog:20170508225955j:plain


認知障害やボケの場合は、しっかりとした生活リズムを整えてあげることが重要です。

夜中に鳴かないようにするには、昼はしっかりと起きるようにして、夜に熟睡させることです。

昼夜逆転の生活はホルモンや自律神経に異常をきたしてしまい、免疫力が低下を引き起こします。

さらに体の老化が進んでしまい、病気にもなりやすくなってしまうので、絶対に改善しましょう。

方法としては、昼間に十分な散歩や運動をしてあげる、

太陽の光を浴びさせて、体内時計を調節してあげることです。

屋外で活動できない場合は、陽のあたる窓のそばで一緒に遊んであげましょう。

日光浴は、五感の刺激にもなりますし、脳を活性化して認知症の改善にもつながるので是非してあげてください。


それでも改善しない場合は、睡眠薬や安定剤の服用を検討するのも一つの手段です。

薬には副作用もありますので、獣医さんに相談しましょう。


身体の異常の場合は、その原因となる病気や痛みを治すことです。

老化による足腰の痛みなどの場合は、寝床を柔らかくしたり、ドーナツ枕などで患部を保護してあげます。


寂しさからくる夜鳴きは、1人でいる孤独からくるものです。

他のわんちゃんや飼っている動物がいるのであれば、一緒にいさせてあげてください。

老化による不安感を感じて鳴いてしまうこともあるので、抱っこやナデナデで安心させてあげてください。

まとめ

夜しっかりと寝かせて生活リズムを整えることは、夜鳴き防止だけでなく、老化予防や健康維持にもつながります。

愛犬の状態をしっかりと把握して、夜泣きを改善させてあげください。


鳴き声がうるさいからといって、放置したり邪険に扱わないように気をつけましょう。

わんちゃんの気持ち立って、優しく接してあげてくださいね。