高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

老犬の水飲みすぎ原因!普段よりたくさん飲む場合は病気の可能性も!

何だか最近、犬が水をたくさん飲んでいるような気がする・・。

老犬だし水分をたくさん摂るのはいいこと!と気楽に思っていたけど、ガブガブ飲み過ぎているような。

 
それに夏でもないのに、飲む水の量がおかしい・・・!

そんな違和感を感じたら要注意です。

f:id:old_dog:20170507212314j:plain


確かに歳をとった犬は、若い頃に比べると飲む水の量は増えていきます。

これは老化による新陳代謝の衰えや、腎臓の機能低下によっておこるもので自然なことです。

しかし、明らかに普段よりも飲む水の量が増えると、病気の可能性が考えられます。

【スポンサーリンク】
 


老犬がたくさん水を飲む理由・原因

犬は老化現象により、歳を重ねるにつれ飲む水の量は増えていきます。

また、散歩や運動の後や、塩分の高い物を食べた後にもたくさんの水を飲みます。

このように自然に水をたくさん飲む理由があればいいのですが、病気が原因でそうなってしまう場合があります。


例えばホルモンに異常があると、多飲多尿になります。

さらに生殖器の疾患、肝不全や腎炎だったり、水をたくさん飲んでしまう病気はたくさんあります。


多飲多尿で代表的なのが、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)と糖尿病です。

クッシング症候群のケースでは、痒みを感じない左右対称性の脱毛だったり、腹部膨満といった症状が現れることがあります。

糖尿病は、痩せてしまったり、便秘や下痢、目の病気(白内障)などの症状が起こります。

他にも、肝不全や至急蓄膿症、甲状腺の病気、子宮蓄膿症(雌)、副腎皮質機能亢進症、上皮小体機能亢進症など、水の異常摂取による病気はたくさんあります。

内分泌系の疾患は進行してからわかる可能性が高いため、普段から定期検診をしっかりとしておきましょう。


まとめ

老犬になったら毎日水の飲む量をチェックして、飲み過ぎていないか確認してください。

水の不自然な飲みすぎは病気のサインですので、早期に発見し治療してあげることが大切です。

 

飲み水の測り方は、計測器で水の量を測ってもいいですし、水飲み入れに線を引いて測る方法もあります。

f:id:old_dog:20170507212447p:plain
わんちゃんが1日に必要な水の量は以下の通りです。

小型犬(体重10kg~15kg)で600~900ml

中型犬(体重20kg前後)で1100ml

大型犬(25kg~40kg以上)1300~1800ml

40kg以上では10kg毎に約300ml増加

たくさん水を与えすぎると、吐いてしまったり、内臓に刺激を与えてしまいます。

老犬の場合は、腎機能や新陳代謝が衰えていますので注意してください。