高齢犬(老犬)を長生きさせる飼い方・秘訣

年を取った犬を長生きさせるために必要な飼育方法やコツ、飼い方をまとめたブログです!

【スポンサーリンク】

老犬の床ずれ防止方法と治療の対処・治し方について!

足腰が弱ってきて、動かなくなってきた老犬になりやすい床ずれ。

放っておくと細菌の感染病にかかったり、皮膚がえぐれて骨にまで達してしまいます。

 


また、床ずれはすぐに悪化してしまうので、早めの治療や事前のケアが大切です。

そこで今回は、床ずれの防止方法や治療法などを書いていきたいと思います。

【スポンサーリンク】
 



床ずれの原因となりやすい犬の特徴

f:id:old_dog:20170506221918j:plain

床ずれの防止方法の前に、原因の究明をしておきましょう。

床ずれができてしまう原因はシンプルです。

睡眠時や、長時間おなじ場所でジッとしていると、体に負荷がかかる場所ができます。

その部分が地面と接触して血行が悪くなり、皮膚が壊死することで床ずれが起きてしまうのです。

また、トイレ後の排せつで、汚れた皮ふを放っておくとただれてしまい、床ずれができやすくなります。


・床ずれがなりやすい犬の特徴

痩せている犬

痩せている犬は、太っている犬に比べ脂肪が少ないので、皮膚や骨が直に触れやすくなります。

脂肪はクッションの役割もになっています。

骨が出っ張っている部位(腰や肩、頬、足の関節)に脂肪が少ないと直接地面に当たるので、床ずれしやすくなります。


大型犬

先ほどは痩せている犬の場合でしたが、体重の重い大型犬は小型犬に比べ床ずれしやすくなります。

これは、単に体重の重みでかかる圧力が違うからです。


毛の短い犬

毛が薄い犬も床に直接皮膚が当たってしまうので、フワフワの犬よりもできやすくなります。

 

床ずれの防止方法


床ずれは、一度できてしまうと再発しやすくなるので、事前のケアが必要です。

愛犬があまり動かなくなったり、寝たきりになったら、真っ先に床ずれ予防をしてあげましょう。


床ずれは飼い主さんのちょっとした気配りで防止できます。

まずは寝床の調節、体重の管理、寝かた、部屋の空気の通りなどをチェックしてみてください。

わんちゃんが動きやすく、清潔な環境を整えてあげることが大切です。


床ずれを防止するために一番重要なことは、体重が一箇所にかからないようにしたり、同じ姿勢をとらせないようにすることです。

寝たきりのワンちゃんの場合は、2~3時間おきに体位を変えてあげたり、骨や関節部分に負担がかからないように、柔らかいクッションを用意してあげます。

床ずれ用のドーナツ型クッションでもいいですし、自分で作ることもできます。


ドーナツ枕の製作方法

自家製であれば、愛犬のサイズにちょうど良いドーナツ枕ができるのでお勧めです。


作り方は簡単です。

1 気泡シート(プチプチ)を4~5枚用意します。

f:id:old_dog:20170506221148j:plain


2 中央に丸い穴をあけます。

3 全て均等に重ねてテープで固定し、周囲を粘着性伸縮包帯で巻いていきます。

あとは寝床とシーツの間に設置してあげるだけです。

もちろん、愛犬の体重がかかってる部分に穴がくるように置いてあげましょう。


他にも人間の赤ちゃん用で売られているドーナツ枕でも代用は可能です。

床ずれ防止は、体重がかかっている部分の皮膚への圧迫を減らして、血行を良くしてあげることが重要です。

出来てしまった床ずれの処置や治療方法

床ずれの治療は、基本的に病院で処方される消毒液(塗り薬)を用いて行います。

塗り薬には、粉末タイプとクリームがあります。

粉末タイプは、滲出液(しんしゅつえき)と呼ばれる傷口から出てくる液によって、周囲を汚さないようにします。

クリームタイプは、保温性が高く、表皮の再生を増進させる効き目に優れています。


また滲出液を利用して、ラップを使った治療法も有効です。

傷口から出る滲出液は皮膚の再生効果があります。

ラップを傷口に張って皮膚代わりに用いることで、滲出液を傷口に行きわたらせ、回復を早めるのです。

やり方は簡単です。

1傷口をぬるま湯や濡らしたタオル等で汚れをきれいに落とします

2薬を幹部に塗ります

3傷口を圧迫しないように、丁寧にラップを巻いて被せます

4ラップの上からガーゼや包帯で巻き、テープで固定する

ラップでの治療方法は簡単で効果的ですので、ぜひお試しください。


愛犬痛がっていて可哀想だから早く治したい!という場合は、動物病院でのレーザー治療がオススメです。

傷口に低出力のレーザー光線を当てて皮膚の血行促進、再生を促すので、痛みもなく治療経過を早めることができます。

まとめ

床ずれは、飼い主さんが普段から気を付けてあげることで、事前に防止することができます。

愛犬があまり動かなくなったり、寝たきりになってしまったら、ドーナツ状のクッションを寝床に置いてあげたり、長時間同じ体制をさせないように気を付けてあげてください。